自分に合った仕事や職場を探す

福祉の仕事を退職後に失業保険をしっかり活用するために、失業保険を3回受けたことがある私が実体験も踏まえ解説。

篠原です。

福祉や介護の仕事は離職率が高く、誰もがいつなんどき退職するかわからない仕事です。退職後に生活を安定させ、次の仕事探しの糧にできるのが「失業保険」ですね。

fukushiくん
fukushiくん
新卒で今の職場に入ったので失業保険ってよく分からない。

実際一度も受けたことがない人にしたらわからない制度です。

篠原
篠原
ある方は失業保険がよく分からず転職の際、失業保険を申請しなかったという人の話も聞きました。

逆に「失業保険があるから大丈夫」とすぐに会社を退職し、3ヶ月受給がなく苦しい状態だったという人もいなくはないでしょう。

ここでは離職率が高い介護や福祉の仕事に就く私たちだからこそ、失業保険というものを知り、いざ退職したという時のために失業保険が活用できるよう解説したいと思います。

篠原
篠原
私も転職で3回程失業保険を申請しましたので実体験も踏まえ解説したいと思います。
この記事のポイント

失業保険とは?篠原の体験も踏まえ失業保険の疑問をわかりやすく解説

篠原
篠原
今回は下記のパンフレットから引用していることが多いです。 PDFは8ページあり→を押すと次を読むことができます。

厚生労働省・ハローワーク 離職された皆様へのパンフレット

離職された皆様へ

失業保険とは?失業保険の疑問をわかりやすく解説

  1. そもそも失業保険ってなんなの?
  2. 退職したら手続きは必要?どこへ行けばいいの?何を持っていけばいいの?
  3. すぐにもらえるの?どのくらいの期間もらえるの?
  4. いくら貰えるの?
  5. 一度説明会に出たら何もしなくても貰えるものなの?
  6. 失業保険を貰った方が得だから転職に時間をかけた方がいいの?

1、そもそも失業保険ってなんなの?誰でも受けられるの?

篠原
篠原
毎月「雇用保険」というものを雇用されていれば払っていますがその一つが失業保険です。

雇用保険制度とは 厚生労働省HPより引用

労働者の生活及び雇用の安定と就職の促進のために、失業された方や教育訓練を受けられる方等に対して、失業等給付を支給します。また、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進等をはかるための二事業を行っています。

fukushiくん
fukushiくん
そうか!元は私たちが払っている保険費用なんだから、遠慮しないで受けたほうが良いんだね。
fukushiさん
fukushiさん
税金を受けているみたいでちょっと後ろめたい気持ちがあった。

ただしあくまで失業保険には定義があります。

ハローワークインターネットサービスより引用

「失業」とは、離職した方が、「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」ことをいいます。したがって、次のような状態にあるときは、失業給付を受けることができません。

・病気やけがのために、すぐには就職できないとき
・妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき
・定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき
・結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき

 

篠原
篠原
つまり就職の意思や状態にないと受給したらダメなんですね。独立や職に就いてしているのに受給していると不正受給になってしまい、多く返さなければなりません。
fukushiくん
fukushiくん
あくまで職に就くための手当ということですね。

「失業状態」であることと、「雇用保険の期間」により受給資格があるか決まります。

基本手当の受給資格 厚生労働省ハローワーク 退職のパンフレットより引用

◆ 原則として、離職の⽇以前2年間に 12 か月以上被保険者期間がある。

倒産・解雇等による離職の場合(特定受給資格者に該当)、期間の定めのある労働契約が更新され なかったことその他やむを得ない理由による離職の場合(特定理由離職者に該当)(※2)は、 離職の⽇以前1年間に6か⽉以上被保険者期間がある

 

2、退職したら手続きは必要?どこへ行けばいいの?何を持っていけばいいの?

失業保険は退職したら自動的にもらえるというわけではありません。自分でしっかりと申請する必要があります。

篠原
篠原
家の近くの管轄のハローワークを調べて行きましょう。
ハローワークに持参する前の書類手続き

雇用保険具体的手続き ハローワークインターネットサービスより引用

在職中に「雇用保険被保険者証」の有無を確認してください。また、会社がハローワークに提出する「離職証明書」については、離職前に本人が記名押印又は自筆による署名をすることになっていますので、離職理由等の記載内容についても確認してください。離職後、「雇用保険被保険者離職票」が届きます。

篠原
篠原
上の引用文を時系列にまとめると下記になります。
  1. 在職中に「雇用保険被保険者証」を確認
  2. 離職前に離職証明書を書く。内容確認後本人が署名と捺印。会社がハローワークに提出
  3. 離職後に会社に「雇用保険被保険者離職表」が届く
ハローワークへの持ち物
  • 雇用保険被保険者離職表
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカード等)
  • 身分証明書(運転免許証等)
  • 写真2枚(縦3㎝×横2.5㎝)
  • 印鑑
  • 本人名義の通帳

詳しくは ハローワーク 受給資格の決定

その後「雇用保険受給者説明会」という説明会が開催されますので参加します。ここで受給に必要な「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」を受け取ります。

 

3、すぐにもらえるの?どのくらいの期間もらえるの?

篠原
篠原
ここがすごく大事で受給開始日は「退職理由」によります。
fukushiくん
fukushiくん
「会社都合」か「自己都合」かというものだね。

退職は多くが「自己都合」退職ですが、「会社都合」と呼ばれる「特定受給資格者」「特定理由離職者」というものがあります。

厚生労働省 ハローワーク 退職された皆様へのパンレットより

◆「 特定受給資格者」とは、倒産・解雇等の理由により再就職の準備をする時間的余裕なく離職を余儀 なくされた方であり、

◆「特定理由離職者」とは、特定受給資格者以外で、期間の定めのある労働契約が 更新されなかったこと、その他やむを得ない理由により離職した方です。それぞれ該当者の範囲が 定められています。

◆特定受給資格者・特定理由離職者に該当するかどうかの判断は、離職理由により、ハローワーク が行います。離職理由の判定は、事業主が主張する離職理由と、離職者が主張する離職理由を把握 し、それぞれの主張を確認できる資料による事実確認を行った上で、最終的にハローワークにて慎重に行います。

会社都合(特定受給資格者・特定理由離職者)の例
  • 業績不振で給料が払われない
  • 倒産
  • 解雇 etc
内容次第では会社都合に変わる例
  • パワハラ等の嫌がらせの被害を受けた
  • 事業所が遠くなった etc

特定受給者資格者の理由に該当するものは判断基準は下記に書いてあります。少し読みにくいですが。

 

fukushiくん
fukushiくん
自己都合か会社都合で支給開始日や支給の日数が違うんだよね
自己都合か会社都合での支給開始日の違い

厚生労働省・ハローワーク 離職された皆様へ から引用

 

  • 会社都合の場合7日間の待機期間の後にすぐに支給開始になります。
  • 自己都合の場合は7日間+3ヶ月の待機期間があります。
篠原
篠原
私が初めて退職した会社は業績不振で給料が出なくて特定受給資格者になり、すぐに給付開始になりました。
自己都合か会社都合での給付日数の違い

厚生労働省・ハローワークパンフレットより引用

  • 会社都合の場合90日〜240日
  • 自己都合の場合90日〜180日
fukushiくん
fukushiくん
会社都合の方がいいのかな?
篠原
篠原
次の会社の面接時に履歴書に「会社都合」か「自己都合」か書き、面接の際大概理由を聞かれます。やはり「解雇」などの理由ではマイナスになりますね。

4、いくら貰えるの?

厚生労働省・ハローワークパンフレットより引用

例えば月額20万の給料の方は?
  • 20万×6ヶ月=120万
  • 120万÷180日=約6600円
  • 6600円×8割=約5300円(1日)
  • 5300円×30日=約15900円(月額)
  • 15900円×90日=約477000円(月20万の人の失業手当総額)
fukushiくん
fukushiくん
確かに月16万くらい出て、時間もあるならゆっくり就職活動できる。
篠原
篠原
ただし3ヶ月は無給になります。そこも計算して考えて退職する必要がありますね。

5、一度説明会に出たら何もしなくても貰えるものなの?

ハローワーク パンフレットより引用

基本手当を受けるには原則として4週間に一度の認定日に失業の認定を受ける必要があります。

fukushiくん
fukushiくん
失業の認定って何をすればいいの?

それには失業の定義を思い出してみましょう。

「失業」とは、離職した方が、「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」ことをいいます。

つまり就職活動している状態ですね。就職活動の実績(求職した回数や面接の回数等)の実績の確認や、副収入をどれくらい受けたか?アルバイトなどはしていないか?などを確認します。

6、失業保険を貰った方が得だから転職に時間をかけた方がいいの?

ハローワーク パンフレットより

篠原
篠原
早期に就職すれば再就職手当などの支給があります。

 

再就職手当

基本手当の支給日数(支給残日数)が所定給付日数の3分の1以上[3 分の2以上]ある場合は、支給残日数の6割[7割]に相当する日数に基本手当日額を乗じた額を受給できます。

月20万の人の例で考えると
  • 月20万で90日支給だと1日約5300円(上記の参考参照)
  • 例)所定給付日数が40日が残っていたら、40日×6割=24日
  • 24日×5300円=127200円
篠原
篠原
同じ会社に戻る時など適応されないなどのルールがありますが。

失業期間や失業保険を有効活用するには?

篠原
篠原
時間や活動の制限がある失業保険を有効活用できるように2つのアドバイスです。
  1. 時間とお金を考えて退職計画を考える
  2. 離職前に心身に余裕があるならば「ある程度の見通し」を立てる

【アドバイス1】時間とお金を考えて退職計画を考える

仮に3/31退職日で自己都合退職で90日支給の人ですと

  • 最短で7/7までは貯蓄等で暮らす必要がある
  • 最短の場合7/7〜10/7までは給付が出る
  • 1年後の4/1までは申請期間なので、転職を後ろにずらいしても良い
篠原
篠原
この給付を使い、自分なりにしたいことをする期間でも良いですね。
  • 貯蓄に余裕がないならすぐに就職できるよう退職時から就職活動に取り組む
  • 貯蓄に余裕があるなら、すぐに給付をもらわずに旅行に行くなど今しかできないことに取り組んでも良い
  • ハローワークが提供している職業訓練などもありこの機会に資格をとっても良い

【アドバイス2】退職前に心身に余裕があるなら「ある程度の見通し」をつけて退職する

退職前にもし心身に余裕があるならば、退職や失業保険も見越してある程度の見通しをつけておくと良いですね。下記の記事が役に立ちます。

福祉や介護の仕事をしていて「他の職種の仕事をしてみたい」と言う方へ。4回転職活動した私から使えるアドバイス。 篠原です。 福祉や介護の仕事をしていると必ず出てくるのが「他の職種の仕事をしてみたい」という気持ち...

ただし、心身の健康を崩す恐れがあるならばすぐに退職しましょう。またすぐに働けないなどがあれば受給期間の延長ができたりするそうです。ハローワーク等に相談してみましょう。

 

心身に余裕があるならば退職前に失業保険制度などをよく理解し、自分の人生に役立ててくださいね。