人間関係を乗り越える秘策

【介護・福祉】自分が上司の立場ならやらないほうがよい8つのこと。

篠原です。

興味深いツイートから。

研修で学んだ。デキる介護リーダーは「絶対に否定しない」「必要な知識がある」「感情だけで話さない」「しっかりと目標がある」「愚痴や陰口を言わない」「職員と一緒に考える」「考え方を押し付けない」「利用者さんと職員両方を優先」つまり、デキる介護リーダーは、相手の気持ちを思いやれる人。

fukushiくん
fukushiくん
確かにこんな上司のもとで働きたいです。
篠原
篠原
こんな上司がいたら心強いです。ただ自分が上司の立場ですが人から見たときに自分だったら果たして出来ているのか?わかりません。

このツイートには色々な意見が寄せられていました。

(こんな上司は)自己覚知※と他者理解のバランスが取れている人

※自己覚知とは援助者自身が自分の感じ方、考え方の傾向、知識や技量について意識化し、自ら把握しておくこと

自分に置き換えて考えているけどなかなか難しい。

 

否定したり感情的に言ってしまう時もあるから気をつけたい。

 

こんなお釈迦様みたいな人でないと(上司は)無理なのかな。

fukushiくん
fukushiくん
理想は無理でも心構えが大事ということですね。

理想像は抽象的な事柄が多いのでなかなか自分が出来てるかわかりずらいと思います。

お釈迦様じゃないと。。。。確かにその通り。

そこで!

内容を逆にしてみればわかりやすいかなーと。

内容を逆にしてみれば、これが上司の立場ならやらないほうが良い特徴かと。

なので全て逆転してみます。それが下記です。

自分が上司の立場ならやらないほうが良いこと。
  1. 否定ばかり
  2. 経営や福祉に関する知識がない。
  3. 感情的に話す
  4. 何をしたいんだか、どこに向かっているのかわからない
  5. 愚痴や陰口ばかり
  6. 上司が勝手に色々行ってしまう
  7. 考え方を押し付ける
  8. 経営を優先し、職員は労働力摂取。利用者の状況はほったらかし。
fukushiくん
fukushiくん
確かにこんな上司だったら嫌ですね。
篠原
篠原
なぜこうなってしまうのかを心理カウンセラーの資格を持つ篠原的が心理的に分析したいと思います。

 

この記事では?
  • 自分が上司の立場ならやらないほうがよい8つのこと
  • なぜそういうメンタルになってしまうのか?心理的に分析したいと思います。

自分が上司ならやらないほうがよい8つのこと。&心理的に分析。

篠原
篠原
それぞれ解説したいと思います。 特になぜそうなってしまうのか?という心理面も合わせて分析したいと思います。
  1. 否定ばかり
  2. 経営や福祉に関する知識がない。
  3. 感情的に話す
  4. 何をしたいんだか、どこに向かっているのかわからない
  5. 愚痴や陰口ばかり
  6. 上司が勝手に色々行ってしまう
  7. 考え方を押し付ける
  8. 経営を優先し、職員は労働力摂取。利用者の状況はほったらかし。

 

1、否定ばかり&自分のやり方を押し付ける

やたら否定しまうことです。大事なことはともかく、小さくてどうでも良い事柄まで否定してしまったり自分の考えを押し付けてしまうことです。

  • そのやり方は違う!こうすべきだ!
  • それこうしたほうが良いよ。
  • それじゃだめ。もっと○○したほうがいい
fukushiくん
fukushiくん
なぜ自分のやり方を押し付けることが良くないのでしょうか?相手が間違えるのを防ぐのであれば積極的にアドバイスした方が良いのではないでしょうか?
篠原
篠原
もちろんアドバイスはよいですが、往々にして自分の仕方を押し付ける時はどんな心理か?ですかね。

ズバリ!

自分の存在を誇示したい

相手のためではなく自分の存在を誇示したいからアドバイスするになっていませんでしょうか?

本当に相手のためを思うなら、間違えた方が本人にとっても学べる時があるので見守る方が相手にとって良い時があります。

 

自分の存在の誇示=自分のため

ですね。それでは相手の為になりません。

もし、自分がこんな特徴があるのなら?

アドバイスではなくプロセスを承認したり、質問をしてあげれば相手は喜びますよ。

「●●をするために●●したんですね。お疲れ様です。次はどうしたら良いと思いますか?」

2、経営や福祉に関する知識がない

自分の感覚だけで物事判断している人ですね。それはそれで良いが、やはり知識がないと自分だけの判断に偏りがちになります。

マネジャーとプレーヤーは違うのでしっかりとした知識の裏付けが必要ですね。

せめて上司の立場でしたら自主点検表などは頭に入れとくと良いです。

「この運営であってんの?」。運営の疑問を解決するには自主点検表を読もう。 福祉の仕事をしていると色々な問題が起こります。問題はたくさん起こるのですが、問題はその後ですね。 その際に上司や運営側...

 

3、感情的に話す

やたら感情的に伝えてしまうことです。小さいことを怒鳴ったり、感情的に伝えてしまいます。

  • それはこうでしょ!
  • 前に言ったでしょ!
fukushiくん
fukushiくん
気持ちを込めないと伝わらないと思ってしまう。
篠原
篠原
内容は淡々と普通に言えば伝わりますね。むしろ感情的に物を言うことで相手はどうなるか?ですね。

恐怖心でいっぱいになる

恐怖心でいっぱいになると単純ミスをしたり、焦ったり、余計な力が入ってクリエイティブな思考が出来なくなります。

何かを言うよりどうつたえるか?が大事です。感情的に物を言いたいときには1の否定と同じように

自分の存在を誇示したい

と言う思いが含まれています。

 

もし、自分がこんな特徴があるのなら?

コミュニケーション方法を学んだり、一旦冷静になる為にもマインドフルネス瞑想や呼吸法が良いでしょう。

福祉職や介護職が人間関係を良くする為に現場で使える研究されたコミュニケーション方法とは? 篠原です。 同僚になんでも話せ、気持ちがわかってくれる職員がいる 部下を心から思ってくれる上司がいる ...
介護護・福祉職は絶対に身につけた方がいい!?ストレス対策最強ツール。マインドフルネス瞑想。介護職福祉職は高いストレスです。対策が必須です。 上司に理不尽なことで怒られた 利用者に暴力を振るわれた 家族から...

4、何をしたいんだか、どこに向かっているのかわからない

何をしたいんだか、どこに向かっているのかわからないことです。ただ言われたことだけ目の前のものをこなすこと。それでは普通の職員と変わりません。

目標やビジョンを設定し、職員と共有する。そこまで行かなくてもこうしたいと言う思いを職員と共有するのが上司の役目ですね。

リーダー=旅行ツアーの旗振り係

旅行ツアーの時に旗を振る人いますがリーダーはその役目ですね。目的は安心安全楽しい旅でもなんでも良いのですが、「安心安全楽しい旅」にする為に「こうしましょう!」とまずは「旗を振る」ことが大事です。

 

5, 愚痴や陰口ばかり

上司なのに場をわきまえず愚痴や陰口を所構わずすることです。飲み会などで信頼ある職員に場をわきまえてとかならまだしも、やたらめったら人を悪く言う方。

篠原
篠原
愚痴や陰口にはある特性があります。

 

愚痴や陰口=伝言ゲームのように回り回る

結局、愚痴や悪口をそこら中に垂れ流すことで職員の信頼を無くし、ひどいと職員が辞めていきます。

さらに

回り回って言われたことは=相手に刺さる度合いが増す

fukushiくん
fukushiくん
確かにこの特徴を知っていればやらないですね。
篠原
篠原
それならばしっかりと面接の体制をとり本人に伝えた方が良いかと。

6、上司が勝手に色々行ってしまう、7、考え方を押し付ける

6と7はとても似ているので同時に解説します。

上司になるとチーム運営の裁量権が上がります。そこで色々職員の意見を聞かずに勝手に試してしまうことがあります。それでチームが混乱してしまうことがあります。

トップダウンで勝手に決めてしまうことや上司の意見を押し付けることで軋轢が生まれ職員がストレスが生じ、やる気を失い、退職につながります。

fukushiくん
fukushiくん
旗振り役であるけど色々勝手には行わないと言うことですね。
篠原
篠原
トップダウンで行なって良いものもあります。それが災害時や急変時などの緊急事態です。それ以外は「ボトムアップ」が良いです。

緊急時以外はリーダーは旗振りをしたら、みんなの意見を吸い上げる「ボトムアップ」が良いでしょう。なぜならば

チームだからです。

チームはただの集団の集まりではなくそこに「機能」が生まれます。家族がそれぞれの役割をこなしているのと同じです。機能性が発揮できると、仮にリーダーが失敗しても誰かがフォローしてくれます。

篠原
篠原
家族で旅行に行きたいと決めて父親が家族の意見を何も聞かずに全て決めたらどうでしょうか?
fukushiくん
fukushiくん
家族崩壊しますね。

リーダー=旗振った後はみんなの意見を聞く「ボトムアップ」。

ただし災害時、急変時等の緊急時は「トップダウン」でどんどん指示を出す。

8、経営を優先し、職員は労働力摂取。利用者の状況はほったらかし。

特に福祉や介護で多いのが「利用者の為に」と言う言葉で、職員の労働環境を整えようとしないことですね。

そういう施設は本当に利用者のことを考えていません。なぜなら労働力摂取することにより職員は立ち代わり変わります。毎回新しい職員が対応するとなったら利用者にとったら良いことではありませんね。

fukushiくん
fukushiくん
利用者の為という言葉で職員は無償で労働力を提供しないといけないと思ってしまいます。
篠原
篠原
本当に利用者のためを思うなら、しっかり職員の待遇や労働環境を作ることです。

本当の利用者のため=サービスの質と提供量を一定に=職員の労働環境や待遇をしっかり考える

サービス残業なんてもってのほかですね。

まとめ 完璧に「なる」ことは無理だけど、「目指す」ことだけでも良い

「お釈迦様みたいな人でない上司になれないのかな」というコメントがとても印象的でした。

篠原
篠原
確かに完璧にその状態に「なる」ことなんて無理ですね。でも「目指す」心構えだけでも良いのかもしれませんね。

確かに上司になると求められることは多いかもしれません。でもお釈迦様ももともとお釈迦様だったわけではなく「修行」をしてお釈迦様になったと言われます。

どうせなら上司という立場を利用し、ここで「修行してやろう」ぐらいの気持ちで行えば良いのかもしれませんね。